カフェでも喫茶店でもない「コーヒー屋さん」でありたい

カフェでも喫茶店でもない「コーヒー屋さん」でありたい

「カフェ」「喫茶店」とは?

こんにちは。LUMBER ROOM COFFEE のオーナーです。
本当にどっちでも良い話なのですが、
私自身当店のことを「カフェ」や「喫茶店」と呼ばれるのにしっくりきていないという思いがあります。

しかし世間的にはイメージしやすいと思うので「カフェ」と名乗っているケースは多いですが…

誤解の無いように言っておくと「カフェ」「喫茶店」と呼ばれても全然不快ではありません。
ただ強いて言えば「コーヒー屋さん」とか呼ばれるとちょっと嬉しいです。

一般的なカフェと喫茶店の違い

カフェ」と「喫茶店」の違いって分かりますか?

一般的に「喫茶店」のイメージって、レトロな雰囲気で、マスターがいて、カウンターがあってというような…
明確な違いが説明できなくても多くの方がお店の外観や雰囲気などから「カフェ」と「喫茶店」を使い分けていると思います。

実は飲食店の開業にあたって、管轄の保健所に営業許可の申請をしますがカフェや喫茶店のような業態の場合は通常「飲食店営業許可」と「喫茶店営業許可」のいずれかを申請します。

このふたつの違いとして「喫茶店営業」の場合、
お酒が提供できない
店内で調理ができない(トースターや電子レンジなど簡単な加熱などはOK)

という条件が有りますが代わりに許可のための必要な設備などが簡易的になっています。

一般論的にはこの営業許可によって

飲食店営業許可」=「カフェ
喫茶店営業許可」=「喫茶店

というような認識がありますが、実際にはどちらを名乗っても法的には問題ありません。

ちなみに当店は「飲食店営業許可」で申請しています。

現代の「カフェ」という業態

そもそも「カフェ」とは、イタリア語やフランス語で「コーヒー」を指す言葉。
その名の通り本来は、コーヒーを主として提供する飲食店を「カフェ」と呼びます。

しかし、最近ではカフェという名称はコーヒーがメインで提供していなくても使用されるケースを多く見かけます。
例えば、「動物カフェ」「メイドカフェ」「ネットカフェ」「ブックカフェ」のようなテーマカフェだったり、ランチを中心に提供しているカフェ、豊富なスイーツがメインのカフェなどなど…

現代の日本では「カフェ」という定義が本来の「コーヒー」から離脱している印象があります。
コーヒーを主として提供する飲食店」=「カフェ」ではもはや無くなっていると思います。

もしかしたら、そのうち「コーヒーカフェ」という言葉すら出てくるかも知れません…

現代のコーヒーを扱うお店

コーヒーは昭和の喫茶店ブームや最近のシアトル系と呼ばれる業態やサードウェーブコーヒーなど、流行や嗜好、楽しみ方は変化しながらも、これほど世界中の多くの人に飲まれている飲料は他にはありません。

2000年代に入り、かつては生産国ごとの銘柄で大量流通していたコーヒー豆(現コモディティコーヒー)も食品のトレーサビリティが注目され、流通経路が明確化(産地、精製、生産者、品種など)され品質の高いスペシャルティコーヒーが現代では主流になりつつあります。

最近では豆売りにも力をいれた「自家焙煎カフェ」や「ビーンズショップ」。
テイクアウトがメインの「コーヒースタンド」と言われる業態なども多く見かけます。
更にはネットの普及により近くにお店が無くても通販で様々なコーヒー豆を入手できるような環境になりました。
コンビニコーヒー」も手軽さとコストパフォーマンスの良さなどから多くの方が利用しています。

現代のコーヒー消費事情

総務省統計ではこの30年で「カフェ」「喫茶店」という業態のお店が半減したという記事があります。

でもコーヒー豆の輸入量は1.4倍になっているということ。

  • コーヒーの消費の場所が「カフェ」「喫茶店」から、自宅やオフィス、コンビニ、そのほかの業態へ移行している。
  • コーヒー市場が変わってきても、変わろうとしないお店が淘汰されてきている

この記事に関してはおおむね私も同感であり、実際にカフェや喫茶店の中でもコーヒー業界のトレンドを逐一取り入れている個人経営のお店を探すのが難しいのが現状です。

特に個人経営の喫茶店やカフェでコーヒーを売りにしているはずなのに、作り置きのコーヒーなどで提供しているお店は正直さみしい気持ちになります。
(チェーン店など回転数の高いお店はいたしかたないとは思いますが…)

煎りたて挽きたて淹れたて」というコーヒーを美味しく飲むための格言がありますが、コーヒーを主に扱うお店であるのであれば最低限こだわってもらいたいポイントともいえます。

今後の「カフェ」「喫茶店」

レストラン」や「食堂」と比べて「カフェ」や「喫茶店」の特徴ってなんだろうと考えると「利用目的」の違いが挙げられます。

前者の主な利用目的が「食事」なのに対して、「カフェ」や「喫茶店」の場合はもちろん飲食を楽しむのもありますが、その他に「おしゃべり」「読書」「勉強」「作業」「時間つぶし」「休憩」など利用目的が多岐にわたるケースが多いと感じます。

いわゆる多目的スペースとして「カフェ」「喫茶店」は認識されているのだと思います。

当店ではスペシャルティコーヒー専門店として「豆の販売」「コーヒー器具の販売」「コーヒーのテイクアウト」も行っています。
ただ、コーヒー以外の目的で来店してもらっても歓迎です。

多目的に「カフェ」や「喫茶店」として利用してもらい、そこから当店のコーヒーに触れてもらいコーヒーを楽しむきっかけになってもらえれば「コーヒー屋さん」として嬉しい限りです。