少ない資金でカフェ開業した話⑫「販促物」

少ない資金でカフェ開業した話⑫「販促物」

販促準備

2017年の9月に入り、改装工事/営業許可などほぼ目途が立ち、正確に11月3日(文化の日)をオープン日に設定しました。
オープンに向けて、いろいろ詰めの作業が山積みです。

営業許可後の電話勧誘ラッシュ

保健所で営業許可証をとると保健所のサイトの開業情報に記載されるようで、ある日を境に突然大量の勧誘電話が店の電話番号に入るようになりました。多くはいろいろな販促プランの勧誘でした。その他にもサイト作成サービスなどもありましたが基本的にはほとんど断りました。

唯一契約した案件「クレジット端末」

たくさんの勧誘電話がある中、唯一契約したのが「クレジットカード、電子マネーを使える端末を設置」するサービスの契約でした。知り合いの個人自営業の方などには手数料がもったいないという方もいましたが、間違いなく集客のアドバンテージになると思っていたので営業が来た時に資料をもらい納得したうえで契約しました。

ただ、その時の契約だとオープンの日に間に合わず、オープン1ヶ月後の導入でしたが…

実際に準備した販促ツール

公式サイト&メールアドレスの作成

店舗の公式サイトは自分自身で作成できるスキルがあったため、自身で作成しました。以前に趣味でサイト作成をしていた際に取得したドメイン名があり、実はこのドメイン名が店舗名の由来となっています。お店用のメールアドレスも設定しました。公式サイトはPCとスマホで表示方式が変わる(レスポンシブ)ように作成し、各公式SNSも分かり易いようにボタンを配置しました。

公式SNSのアカウント作成

店舗の公式SNSとして、「ツイッター」「フェイスブック」「インスタグラム」の公式アカウントを作成しました。

グーグルマップで表示されるようにする

グーグルマップで検索した時に表示されるように申請を行います。実はグーグルマップは申請しなくてもそのうち情報がかき集められて表示はされたりします。しかし、間違った情報なども記載されてしまうことも多いため、自分自身で申請を行い管理した方が圧倒的に良いと思います。

一度、申請してしまえば、写真の投稿や営業時間、ウェブサイトの登録など発信したい情報を管理できます。

グーグルマップの左上のメニューから「地図に載っていない場所を追加」という項目からもできますし、下記URLからも登録できます。

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

ショップカードなど印刷物

カフェの名刺のような存在であるショップカードを作成します。こちらもお店をクチコミで広げてもらえるツールとなりますので必須アイテムだと思います。地元の印刷店やネット印刷サイトなどいろいろ見ましたが比較的コスパも良く、データ入稿もオンライン入稿もできる「ラクスル」がオススメです。実際に私も活用しています。一度、作成すると再注文もカンタンにできます。


ちなみに原稿は「ink scape」というフリーソフトを使って作成しました。結構ネットで使い方を説明してくれるサイトも多いので便利です。

オープン告知

オープン告知に関しては大々的にはやりませんでした。本来であれば、チラシを撒いたり広告入れたりしてオープン告知をするのですが、あえて告知は店頭のポスターのみでした。

露出度の高い立地条件であったのでできたことだと思うのですが、オープンを大々的に告知して結局バタバタしてキャパオーバーになり、悪い印象を与えてしまうのであれば普通にスタートしようと思いました。

それでもオープン直後は来客数もそれなりに多く、お待たせしてしまう場面もあったため普通のオープンで良かったのかなと思ってます。