「飲食店」やっておきたいWEB販促~無料WEBサービス~

「飲食店」やっておきたいWEB販促~無料WEBサービス~

まずはコストをかけないWEB販促

WEB販促の良いところって手段にもよりますがほとんどお金をかけずに情報を開示できるというメリットがあると思います。簡単なものでいえば、SNSブログなど無料で使えるサービスや公式サイト作成のようにある程度費用や経費がかかるものまで様々です。

意図する情報を伝えるために

最近では気になるお店は簡単にWEB検索で調べられる時代になっていますし、営業時間や定休日、内観やメニューなど様々な情報をWEBで調べることができます。全くと言っていいほどWEB販促をしていない店舗でも、グーグルマップなどでは情報がある程度載っていたり、クチコミサイトなどにも登録されるようになっています。しかし、これらは消費者の方がクチコミを寄せた情報などを元に作成されている情報になりますので、意図せぬネガティブな情報ばかりが先行してしまうこともあります。

実際に行ったコストのかからないWEB販促

厳密にいうとWEB販促はコストがかからないと言っても、例えばお店の光回線やスマホの使用料などはかかります。あくまで追加で料金が発生しないという意味でとらえていただければと思います。そういった意味で最低限のインターネット回線があればできるようなWEB販促をするだけでも何もしないよりは集客に違いがでてくると思います。

各SNS(ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなど)

数年前の話ではありますが、企業のメルマガ会員は一人あたり1500円相当の資産価値があるそうです。意図的に販促をかけられるターゲットがあるということはそれだけ商業的な価値があることだともいえます。

現在はSNSを利用している方が非常に多いので、うまく活用すると効率的な販促になります。当店でも新商品情報や営業時間、店休日の変更などで利用しています。

それぞれのSNSによっても特性や年齢層なども異なってきますので、できれば複数のSNSに登録して公式アカウントを作成しておくと幅広く情報を開示することができます。

ツイッター 文字数制限などあるが、記事によっては拡散力が非常に大きいため最も販促に向いていると思います。
フォロワー数も比較的増えやすい特徴もあります。年齢層は比較的若い世代が多いと思います。
インスタグラム 画像ありきのSNSなので、文章の冒頭しか表示されないが幅広い年齢層で使用されている印象があります。
飲食店などの場合、商品画像などで惹きつけやすいのとお店の商品の画像をお客様自身が拡散してくれるメリットがある。
フェイスブック 若い世代はアカウントは持っていても使用している人数は少ない印象があり、比較的、使用している年齢層は高めの印象がある。
拡散力は比較的低い。

SNSは公私混同しない

ひとつ注意点ですが、できれば各SNSともにプライベート事業のアカウントは分けるべきだと私は思います。まれに公式アカウントでプライベート的なことを発信してしまうこともありますが、極力公式アカウントではお店の情報のみ発信するようにしています。

お店のアカウントをフォローしてくれる方は基本的には、お店に関する情報を欲しいと思いフォローしてくれていると思います。せっかくお店のフォロワーを増やしてもそこにお店に関係ないプライベート情報を頻繁に掲載することはそういったお客様にとっては興味が無かったり、ましてや不快であったりする可能性もあるので注意が必要です。

ただ、見ている限り個人でお店をされている公式アカウントで上記のようなプライベートな投稿を多く見かけるのも事実です。

Googleマイビジネス

グーグルマップやグーグル検索した際にお店の情報を表示できるグーグルの無料サービスです。お店の画像や営業時間、住所、電話番号など細かなデータを登録し情報を開示できます。
(下の画像の赤枠)

この情報は実は第3者でも投稿が可能です。しかし、意図しない情報や間違った情報が載ってしまったままになるデメリットがあるのでできれば自分自身で登録して情報を管理するほうがオススメです。下記のアドレスもしくはグーグルマップのメニューの「地図に載っていない場所の追加」という欄から登録できます。

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

フェイスブックページ

通常のSNSとしての「フェイスブック」とは別のビジネス用ページを作成できるフェイスブックの無料サービスです。公式サイトの作成していなくても「フェイスブックページ」を作成し、公式サイトの代わりとしている個人事業者も多いです。

フェイスブック」との連携もでき、写真や記事を投稿することによって公式サイトに近い情報の開示ができます。下記のアドレスから登録ができます。

https://www.facebook.com/business/

各種グルメサイト

食べログ」「ぐるなび」「Retty」など各種グルメサイトは基本的に何もせずともオープン後には利用者の方などの投稿により基本情報などが掲載されてきます。中には有料プランに申し込むとオンライン予約であったりと集客に役立つ販促もできるサービスなどありますが、とりあえずは無料でできるプランへの登録で充分かと思います。店舗情報が間違っていたりする時の修正などができればOKだと思います。

まとめ

今回、ご紹介したのは基本的にはコスト(料金)のかからないWEB販促になります。初期費用や運営コストがかかる販促であれば費用対効果を検証するべきですが上記のようなWEB販促は基本的にはコストがかからない(一部、課金サービスはありますが)のでかかるのは手間のみです。

最初にそれぞれ登録さえしてしまえば、定期的に投稿するだけでも伝えたい情報を開示することができますし、通常のWEB検索に対して公式サイトを持っていなくても上記のサービスが何かしら検索にヒットする可能性もありますので最低限でも上記の販促だけでも実行するべきだと個人的には思います。