コーヒーの「ブレンド」を考える

コーヒーの「ブレンド」を考える

こんにちは。現在、山梨でスペシャルティコーヒー専門店「LUMBER ROOM COFFEE」を経営しています。

お店を経営しながら、コーヒーのブレンドをオーダーされる際にふと思うことがあり記事にまとめてみました。本来のコーヒーのブレンドの意味や世の中でのブレンドという言葉に対する認識や使われ方など個人的な見解を書き綴っています。

あくまでブレンドのノウハウやテクニックてきなものではありませんのでご了承ください。

そもそもブレンドコーヒーとは?

シングルコーヒーとブレンドコーヒー

今さら説明しなくてもみなさんご存知だと思いますが本来、コーヒーは単一の銘柄の豆をストレートコーヒーとかシングル(オリジン)コーヒーなどと呼び、異なる銘柄の豆を2~数種類混ぜたものをブレンドコーヒーと呼びます。

焙煎後のコーヒー豆をブレンドする方法が一般的ですが、ブレンドしてから焙煎するケースもあります。

アラビカ種とカネフォーラ(ロブスタ)種

コーヒー豆は大きく分けてアラビカ種カネフォーラ種という2種類に分けられます。
一般的にレギュラーコーヒーとして飲用されるのがアラビカ種。
もう一方カネフォーラ種は病気などに強く栽培しやすいのですが、香味に特徴があり一般的にストレートで飲用するには適していない種類です。

コーヒーにあまり興味のない方にはなじみの無い言葉ですが最近は市販のレギュラーコーヒー、インスタント、缶コーヒーなどでたまに「アラビカ豆100%」という表記を見かけますが、現在でも比較的安価なブレンドにはカネフォーラ種が配合されています。

何故、コーヒー豆はブレンドする?

ワインや茶葉などにもブレンドは有りますが、一般的に「ブレンド」というとコーヒーを連想される人が多いのではないでしょうか。

ブレンドする理由は様々ですが、単一豆では表現できない香味を表現することができるというのが最大の目的だと思います。しかし、実際にコーヒーのブレンドの歴史をみてみると必ずしもそうではないでしょう。

ブレンドの名前について考える

例えばカフェや喫茶店、市販のレギュラーコーヒー、缶コーヒーやコーヒー飲料などいろいろな場所で〇〇ブレンドという言葉を聞きますし、もちろん当店でもオリジナルブレンドを3種類定番で展開しています。
当店の場合「リッチ」「ビター」「テイスティ」と香味の特徴で有りがちですが、分かりやすいと思いブレンドの名前を付けています。

その他にも世間的にはコーヒーと直接関係のない名称の付いたブレンドも多く存在します。お店の名前であったりトレンドワードであったり地名であったりと基本的にはブレンドの名称には産地、銘柄などを入れなければ法的な規制はありません。

特に喫茶店やカフェなどではお店の看板メニューとして、お店の名前を冠したブレンドを提供するお店も良く見かけます。ハウスブレンドとも呼ばれたりしますが、これは単一豆ではなかなか出せない他のお店との差別化という意味でオリジナルのブレンドは大切です。

しかし以前からよく聞く豆の産地や銘柄の名前が付いたブレンド。例えば「ブルーマウンテンブレンド」や「モカブレンド」のようなものは法的に、ブレンド名の名前の銘柄が30%以上配合かつ配合率が一番高くなければならないとされています。

逆をいうと30%以上配合していれば高級豆の銘柄を冠しても良いととれますので個人的には30%は低いのではないかと感じています。

法的規制の意味を考える

個人的な見解ですが昔からこの銘柄+ブレンドという名前の付け方に疑問を抱いてきました。
本来は少しでもブレンドしたら生産国名、銘柄名は冠してはいけないという方が健全ではないのか?

悪い言い方をすると「高級豆の名前は使いたいがコストがかかるので安価な豆でカサ増しする」というイメージがあります。

たとえば高級豆で有名なキューバ産の「ブルーマウンテン」は、おそらくこの銘柄+ブレンドに最も冠されている豆ではないかと思っています。

例えば消費者側の立場でもブルーマウンテンが高級豆だと知っている方は比較的いると思うのですが、ブルーマウンテンブレンドというコーヒーが実は7割弱、違う豆が配合されていると知っている方は意外と少ないのではないのでしょうか?

高級銘柄ブレンドについて考える

高級豆で知られる「ブルーマウンテン」、最近ではCOE(カップオブエクセレンス)受賞豆や「ゲイシャ種」「パカマラ種」など他のコーヒー豆と比べて比較的高価なコーヒー豆。

これらの豆を冠に名づけられたブレンドをたまに見かけます。

以前、ドキュメンタリー番組で上記にも挙げたゲイシャ種を取り上げていたのを見ました。
最初は生産地に買い付けに行き価格交渉をするようなシーンやゲイシャが何故高価なのかというようなシーンが流れ、最終的に「ゲイシャ単体では高価なのでブレンドで販売します」と衝撃の展開。

「高級豆ゲイシャを皆さんにリーズナブルに提供したい」というようなもっともらしいセリフを言ってましたが、もはやそれはゲイシャではないということを理解していただきたいです。

ゲイシャが半分も配合されていないブレンドを声高々に「ゲイシャ」と前面に押し出してお店で販売している映像。
個人的には少々寂しい気持ちになります。

こういうことを書くとコーヒーマニアの頑固なこだわりのように思われるかもしれません。個人的には高価なコーヒーも安価なコーヒーもそれぞれ楽しみ方がありそのひとのライフスタイルに合わせて楽しんでいただければ良いと思いますが、高価な豆を冠して販売するブレンドの手法は以前から疑問に思っています。